プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【page2019 速報3】校正改革、デジタル箔&ニス、中古再生品など アグフア、SCREEN、NSK、ビーエヌ


【2019年2月7日】「page2019」が今日2月6日、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開幕した。
主催は日本印刷技術協会(JAGAT)。

今回はテーマを「デジタル×紙×マーケティング」とし、展示会には昨年を上回る162社562小間が出展。来場者数は約7万を見込む。
速報3でも写真を中心に出展者をピックアップし紹介する。
(社名のあとはホール・数字はブース番号)

関連記事

【page2019速報1】プリンタと後加工機など多彩に FFGS、コムネット、エプソン、ミマキ

【page2019 速報2】プリンタで加飾、Tシャツ作成も リコー、キヤノン、ホリゾン、FFGSグラフィックサプライ、フォーム工連、エスコ

【page2019 速報4】検査、自動化、加飾が身近に コニカミノルタ、光文堂、イメージ・マジック、オーシャンテクノロジー

 

速報3

日本アグフア・ゲバルト(B16)は、大判フラットベッドインクジェットプリンタ(IJP)「ANAPURNA」シリーズの出力物を展示。油絵の凹凸を表現できる立体感に、多くの来場者が足を止めた。
このほか、クラウドワークフローの「APOGEE Cloud 11.0」やワイドフォーマット向けワークフロー「ASANTI 4.0」なども展示している。

 

SCREEN GAグループ(C6)は、世界初披露となる校正用IJP「ProofJetF1100 AQ」を展示した。
新製品は従来機の「F780」に比べ、出力速度を大幅に向上、1時間当たり菊全2枚だった速度を11枚まで向上させている。

また、演色性照明「Tino4000」も出品。担当者は「プルーフの環境を変えるさまざまなシステムを提案していく」と話し、校正関連製品の新たな投入も視野に入れているようだ。

このほか「Scodix Ultra pro」や「Xeikon9800」「TruepressJet520NX」などの出力サンプルも展示している。

 

日本製図器工業(NSK、B15)は、後加工機やIJPなどを多数展示した。
「VarnishPROV475/Foil3DP」は、箔とニス加工を同時にできる枚葉後加工機。版を使わないデジタル箔とインクジェットによるスポットニス加工、白色出力ができる。
担当屋は「加工速度がそれほど早くないためサンプル向け」と話すが、すでに数台の実績があり、今回の展示でも引き合いがあるという。価格は約850万円。

後加工機では、「Kongsberg XE」では箱のカットをデモンストレーション。

動画展示では3Dデジタルワイドフォーマットプリンタ「DimensorS」を紹介している。
専用紙を使用し、用紙に凹凸表現を可能にしている。
リトアニア製で今月実機が日本に到着するという。

 

ビーエヌテクノロジー(C13 )は、日本HPのデジタル印刷機「Indigo7r」を出品している。
同製品は「Indigo7000番台」のリファービッシュ(中古再生品)。機能制限があるものの、価格は新品の半額程度で、Indigo未導入ユーザーのエントリー機となるもの。

担当者は「これまでHPでは、中古再生品を扱ってこなかったが、新世代機種との入れ替えの中で、中古品が多く出ている。エンジン部分が鋳物であるため丈夫なIndigoを再生してr機としてデビューさせた」と話す。
このほか、機能制限の少ない「Indigo6000番台」の製品も取り扱う。

 

関連記事

【page2019速報1】プリンタと後加工機など多彩に FFGS、コムネット、エプソン、ミマキ

【page2019 速報2】プリンタで加飾、Tシャツ作成も リコー、キヤノン、ホリゾン、FFGSグラフィックサプライ、フォーム工連、エスコ

【page2019 速報4】検査、自動化、加飾が身近に コニカミノルタ、光文堂、イメージ・マジック、オーシャンテクノロジー

 

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.