プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 企画展「GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-」を開催 クリエイターのイメージを印刷で表現 6月16日(土)から 印刷博物館・P&Pギャラリーで


【2018年6月5日】凸版印刷は6月16日(土)から、印刷博物館・P&Pギャラリーで、企画展「GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-」を開催する。期間は9月17日(月・祝)まで。

凸版印刷 GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-

グラフィックトライアルは、クリエイターと凸版印刷が協力し、印刷実験を繰り返しながら、色数、用紙、インキ等に制限をつけず、究極の色再現やリアルな質感再現などクリエイターがイメージする表現を印刷技術の力によって最大限まで引き出すことで、デジタル媒体にはない新しい印刷表現を探るポスター展。
13回目となる今年のテーマは「Passion」。パッションとは、理性と対比された強い感情や情感、熱情を意味する。

参加する4人のクリエイター、宇野亞喜良、サンティ・ロウラチャウィ、八木義博、鈴木晴之が、それぞれの情熱を印刷技術に注ぎ込み多彩な表現の世界を作り上げる。

また、企画展初日には参加クリエイターらによるトークイベントも開催される。

 

開催概要

名称:GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-
会期:6月16日(土)~ 9月17日(月・祝)
時間:10:00~18:00
休館日:毎週月曜日(ただし7月16日、9月17日は開館)、7月17日(火)
会場:印刷博物館 P&Pギャラリー(東京都文京区水道1-3-3トッパン小石川ビル)
入場料:無料(ただし、印刷博物館への入場料が必要)

展覧会ウェブサイトはこちら

https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2018/
公式twitter
@GraphicTrial


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.