印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 開催中の「体感する地球儀・天球儀展」 シンポジウムを開催


【2016年6月1日】大日本印刷(DNP)は2015年に世界三大コレクションとされるフランス国立図書館(BnF)所蔵の「地球儀・天球儀」を3Dデジタル化。この新しい鑑賞方法を体験できる展覧会「Globes in Motion フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展」を現在、東京・五反田のDNP五反田ビルで開催している(6月3日~9月4日
デジタル化にあたっては同社が開発した「DNPの高精細3Dデジタルアーカイブシステム」を使用した。

DNP フランス 地球儀・天球儀

またこれらの事業について、6月2日(木)、京都文化博物館でシンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来 ―DNPミュージアムラボ『フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展』関連企画―」を開催する。

DNP フランス 地球儀・天球儀1 DNP フランス 地球儀・天球儀2

シンポジウムでは、BnFとのデジタルアーカイブへの取り組みを紹介するとともに、有形・無形の文化遺産の宝庫である京都において、未来へ継承する文化遺産とデジタルアーカイブが果たす役割と意義について考える。

シンポジウムのプラグラムなど
http://www.museumlab.jp/bnf/exhibition/artwork03.html

大日本印刷 地球儀 天球儀 3


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.