プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ユポ・コーポレーション 開発研究棟の本格運用を開始 多様化する市場や環境配慮型製品の強化目的


【2020年2月7日】ユポ・コーポレーションはこのほど、開発研究棟の本格運用を開始した。

同研究棟は2018年、近年多様化する市場要望や環境配慮型製品への期待の高まりに対する製品開発力の強化を目的に着工。棟内には工場内に分散配置していた各種パイロット・試作・試験設備を集約し、各種印字や印刷機、ラベリングマシン、加飾装置など実用評価機器に加え、最新の分析・検査機器を導入している。

この施設は国内外の同社グループ全体の研究開発の拠点として、さらなる画期的な新製品開発のスピードアップを図っていく。
なお、工場内の開発関連設備の移設跡地には、将来の多品種・新製品生産に対応した生産設備を順次導入し、将来の需要増に備え、生産能力の増強を計画していく。

 

開発研究棟の概要

・建設地は、鹿島工場隣接地
・鉄筋コンクリート造2階建建屋面積1,375㎡(55mx25m)
・ベンチ設備及び各種実験室、評価関連設備、執務・会議エリアを配置
・総工費13億円
・施行会社:三菱ケミカルエンジニアリング株式会社

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.