プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 京都工場 FSCとPEFCに対応し適切な加工・流通を認証するCoC認証を取得


【2019年4月4日】大日本印刷(DNP)は、食品や日用品用の包装資材を製造する京都工場で、FSCとPEFCの両方の森認証制度に対応し、認証された森林から産出された林産物の適切な加工・流通を認証するCoC認証を取得した。

FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)は、責任ある森林管理の普及を目的とする非営利団体で、その森林認証は国際的に最も信頼度が高いと言われ、世界で一番多くの認証を発行している。
また、国際NGO団体のPEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)は、欧州各国の認証制度を相互認証する組織として1999年に創設された国際的な森林認証制度の一つで、PEFC評議会が運営している。

FSCとPEFCには、「FM(Forest Management:森林管理)認証」と、認証された森林から産出された林産物の適切な加工・流通を認証する「CoC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証」があり、今回DNPの京都工場はCoC認証を取得している。

DNPの包装事業分野では、これまでに横浜工場(神奈川)、田辺工場(京都)、狭山第一・第二工場(埼玉)でCoC認証を取得。2018年の狭山第一工場での取得に続き、今回の京都工場での取得により、国内の東西の製造拠点で、厚紙を使用した紙カップや外箱などの製品だけでなく、紙ラベルや容器の紙蓋など、薄紙を使用した製品にも認証マークの付与が可能となった。
「DNPは、紙器包装のより広い分野(紙カップ・紙蓋等)において、森林認証を受けた紙の展開を図ってく」としている。

 

認証取得の概要

認証取得会社:大日本印刷株式会社(包装事業部)
認証番号:SGSHK-COC-002411
認証取得日:2019年1月13日
認証機関:SGS Hong Kong Limited

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.