プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミヤコシ「OPEN HOUSE 2017」速報 インクジェット機「MJP20AX」は来年度中に発売


【2017年11月28日】ミヤコシは11月27日から、千葉県八千代市の同社POD事業本部クリーンルーム/デモルームで、「OPEN HOUSE 2017」を開催している。
開催は今日28日まで。

同イベントは2年に1度のペースで行われている同社の大規模な内覧会。
デジタル印刷機を中心に、同社の最新機種を会場でデモンストレーションする。
毎回、多くの来場者があり、今回も約800人の参加を見込む。

 

国内初展示デジタル機2機種

注目を集めたのは国内初展示のフルカラーインクジェットプリンタ「MJP20AX」。昨年行われた「drupa2016」で展示されたもの。
最大印刷幅は508.0 mm、最高印刷速度は毎分200m(1200 x 1200 dpi)、最大印刷解像度は2400 x 2400 dpi(毎分 50m)と超高速、また高解像度の印刷が可能という。
デモンストレーションとともに、来年度中の発売も発表され、導入先が注目される。

もう一つ昨年の「drupa」で展示された両面印刷対応枚葉式液体トナーデジタルプレス「MDP4000」もデモンストレーションしている。
最大印刷面積は 765 x 580 mm、最高印刷速度は毎時 4000 枚(片面印刷時)、最大印刷解像度 は1200 x 1200 dpi。
こちらの発売時期は未定。

今年の「ラベルエキスポ ヨーロッパ」で発表されたUVインクタイプの「ラベル用デジタル印刷機」は今回展示されなかった。

このほかの展示機器は以下の通り。
液体トナー方式電子写真プリンタ「MDP8000」「MDP5000」「MDP2500」、捺染用インクジェットシリアルプリンター 「MTP1800」「MTP3400」、ラベル用フルカラーインクジェットプリンタ(水性インク)「MJP13LX」、ラベル用フルカラーデジタルプリントシステム「MKD13A」、高速紙面比較検査システム「Lekizen-Eco A3」「Lekizen-Eco A0」。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.