プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コカ・コーラ ラベルを外して腕に巻く⁉ 日本初の「リストバンドボトル」を発売


【2020年2月18日】コカ・コーラシステムは3月9日(月)から、開幕前から東京2020オリンピックを楽しめる3種類の「コカ・コーラ」東京2020オリンピック デザインボトルをから期間限定で発売する。

「コカ・コーラ 東京2020 オリジナル リストバンドボトル」「コカ・コーラ 東京2020オリンピック 競技デザイン」、「コカ・コーラ 2020限定スリムボトル」の3種。

特に「コカ・コーラ」東京2020 オリジナル リストバンドボトルは、日本で初めて、ラベルの下部を切り取ってリストバンドにできるラベルを採用。ラベルに印刷された2次元コードやバーコードを読み取ると、東京2020オリンピック関連のオリジナルグッズが当たる。商品はコカ・コーラ社の自動販売機で限定発売。

これは、2017年にルーマニアのコカ・コーラが発売したコンサートチケットになるラベルと同じもの。当時、このリストバンドは人気となり、10代での認知率が75%、商品の売り上げも11%伸びるなど、コカ・コーラのプロモーションに大きな影響を与えた。

このほか、「東京2020オリンピック 競技デザインボトル」は、「コカ・コーラ」オリジナルのオリンピック全33競技を、「コカ・コーラ」、「コカ・コーラ ゼロ」、「コカ・コーラ ゼロカフェイン」へ50種類デザインしている。
「2020限定スリムボトル」は、「コカ・コーラ」ならではのおいしさを楽しめる飲み切りサイズのプレミアムパッケージの限定デザインとなっている。

発売日となる3月9日(月)からは、CMやOOH(屋外広告)など全国で大型キャンペーンが開始される。

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.