印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

箔一 金箔入りの日本酒と梅酒を刷新 金箔の舞う姿シンプルに


【2015年8月14日】石川県の箔一は8月12日(水)、金箔入りの日本酒「金華 清酒」と「同 梅酒」をリニューアル。金箔の華やかさはそのままに、シンプルに商品を演出している。

金華は慶事のギフトなどで好評を博している金箔入りのお酒。清酒の中身は本醸造から辛口の純米酒に変更しており、豊かな香りと滑らかな深い味わいが特長で、冷酒やぬる燗での飲用に適している。
パッケージはラベルを金の封紙のみにし、シンプルで高級感あるデザインに変更。お酒の中を舞う金箔が美しく見えるようにした。

また、同ブランドの梅酒のパッケージも同様にリニューアル。清酒が金のラベルに対して梅酒は銀で表現し、セットのギフトとしても使用できる。
梅酒は梅型の金箔ジュエリー(食用金箔)が同梱されており、これを浮かべて飲む。

内容量は300ml。価格は1800円(税別)。
セット価格は4,000円(税別)。

LL_img_70361_1


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.