印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 画像色補正サーバーソフトを発売 専門知識不要で自動補正し共有も


【2016年2月12日】大日本印刷(DNP)は2月10日、「DNP画像色補正サーバーソフトウェア Color Essenceサーバー」を発売する。

同ソフトはスマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真の色調のバランスやコントラストなどを自動的に調整し、最適な画像に補正するもので、ECサイトや印刷物に使用する写真データを管理するシステムとの連携によって、より美しい写真画像を生成できる。

サーバーイメージ

同ソフトではDNPが開発した写真画像を自動補正するプログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を画像処理エンジンとして組み込んでおり、写真データを管理するサーバーへのインストールで、画像補正を自動的に行う。機能は「明るさに補正」や「ホワイトバランス調整」「コントラスト補正」「色調補正」「シャープ補正」「ノイズ除去」など。
全自動で補正処理を行うため、色補正に関する専門的な知識や操作が必要ないことも特徴だ。

企業内の共通サーバーなどにインストールすると、そのサーバーを利用している複数の組織・部門の多くのメンバーが、いつでも自由に色補正された綺麗な画像データを使用可能となる。
価格はソフトウェアライセンス費用が300万円。

今後、DNPではECサイトの運営や各種印刷物のデザイン・制作などでの色調補正向けに、また、不動産や自動車販売など、業務プロセスの中で画像を扱うことが多い業種・業界の企業に対して同ソフトを提供。関連事業を含めて3年間で3億円の売上を目指す。
ソフトの詳細は以下のURLから。
http://www.dnp.co.jp/software/


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.