プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サガシキ 避難所の段ボール製間仕切り「ハコデルーム」のカスタマイズ性を向上


【2021年6月2日】サガシキは6月1日、避難所や休憩場所などでのプライベート空間を確保するための段ボール製間仕切り「ハコデルーム」のカスタマイズ性を向上した新タイプ「ハコデルーム カスタマイズ」を追加し、Amazing Dayで発売する。

同社では、コロナ禍が続く中、避難生活を安心・快適に過ごせるアイテムとして、ダンボール、パッケージ製造のノウハウを活かした「ハコデカグ」シリーズを2020年6月から販売してきた。
特に、段ボール製の間仕切り「ハコデルーム」は従来に無い高さ1.8mという大型のサイズが評価で数多くの地方自治体や官公庁、医療機関、学校などで採用された。

今回発売の「ハコデルーム カスタマイズ」は、「現場の状況に合わせて形やサイズを調整したい」という意見を反映し、パネルを細分化することで現場の状況に合わせてさまざまにカスタマイズできる。

「ハコデルーム カスタマイズ」は、パーツの組み合わせで、広さや高さをフレキシブルに変更可能。最大で1.8mの高さにすることができ、避難所でのプライベート空間と飛沫防止を実現する。

梱包サイズを小さくすることで、運搬性を向上。接着剤やテープを使わずに組み立てられることも特長だ。
販売価格は、1セット:5,980円(税別、送料別)。

 

主な仕様

材質:ダンボール
サイズ
組立時 L2,000 × W2,000 × H1,800mm(最大時)
梱包時 L569 × D304 × H683mm
重量:14.6kg/1梱包
内容物:壁パネル24枚、コーナーパーツ4枚、連結パーツ8枚、組み立てパーツ保管ケース1枚

製品紹介サイト
https://hacode.jp/

サガシキ
http://www.sagasiki.co.jp/

Amazing Day
https://www.amazingday.co.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.