プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 生活者の購買欲求を可視化! 「DNP店舗内CX解析サービス」の提供を開始


【2021年5月19日】大日本印刷(DNP)は5月18日、「DNP店舗内CX解析サービス」のトライアルパッケージの提供を開始した。

「DNP店舗内CX解析サービス」は、リアルな店舗にセンシング機器(マイク&カメラ)を設置。接客時の会話と来店客の行動のデータを取得して、生活者の潜在的な購買欲求(インサイト)を解析・可視化するシステム。
CXとはCustomer Experienceのことで、生活者・顧客の体験価値のことをいう。

DNPは、現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって、商品・サービスの価値を高め、生活者に新しい買い物の体験を提供する「ストアDX」に注力している。
同サービスはその一環で、従来は確認できていなかった店舗内での生活者の購買行動や商品への反応をリアルタイムで把握できるもの。
生活者の行動を撮影した画像データと音声データから分析。購買欲求(インサイト)可視化する。

サービスでは、店舗内にセンシング用のマイクとカメラを設置し、店員が接客している時の音声データと生活者の行動データを取得する。また、行動データ取得は、RetailNext社のAIカメラと連携する。
これらのデータは解析され、その結果を一覧表示するツール(ダッシュボード)で可視化し、顧客の潜在的な購買欲求(インサイト)を分析する情報として、企業にフィードバックされる。
トライアルパッケージの総低価格は300万円~で、カメラによる解析は500万円~。

今後DNPは、トライアルを経て、2022年には本サービスとしての提供を開始し、2023年度までに関連サービスも含めて約20億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.