プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

impactTV 店頭販促用デジタルサイネージのimpactTVシリーズに「黒モデル」 の受注生産を開始


【2021年4月26日】impactTVは、同社が展開する店頭販促用デジタルサイネージのimpactTVシリーズで、 「黒モデル」 の受注生産を開始した。

同社は、インパクトホールディングスの完全子会社で、ICT及びIoT製品の企画、開発、製造、製造受託、販売、保守、デジタルサイネージ関連を提供している。

「impactTVシリーズ」は、定番棚に最適な4インチから催事エンドコーナーの設置に最適な19インチまで幅広くラインナップしている店頭販促用デジタルサイネージ。
今回、この「impactTVシリーズ」に、要望の多かった黒い筐体色の「黒モデル」を追加した。

新カラーの追加によって、既存の白モデルに加え、黒のカラーバリエーションで、売場やブランドイメージに合わせてカラーの選択が可能。デジタルサイネージを組み込んだ際に、什器とデジタルサイネージのフレームおよび液晶境目部分の色が目立っていた問題を解決する。
また、シンメトリーな筐体デザインで状況に応じて縦型・横型を自由に選ぶことができ、 直近トレンドになりつつある縦型コンテンツにもスムーズに対応する。

impactTV
https://impacttv.co.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.