プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー メガネなしで全方位視認できる映像装置「WARPE(ワープイー)」を開発 店頭ディスプレイやサイネージとして期待


【2021年3月8日】リコーはこのほど、新事業創出に向けたプログラム「TRIBUS 2020」で、内チームが、現実空間に全方位映像を映し出すことのできる投影装置を開発。
この装置を今年3月から「WARPE(ワープイー)」ブランドとして、ビジネスパートナーを募り、市場探索を開始する。

「WARPE」は、装置の真下から上に向けて光を投射し、独自開発の特殊な回転スクリーンに当たった光の残像で立体映像を表示させるシステム。特殊な眼鏡や、専用のヘッドセットを必要とせず、全方位から裸眼で、三次元酔いを起こさずに、完全立体表示を実現できる。
カラー動画立体表示の映像は現時点で約 3.7 億ボクセル(三次元像を構成する画素2の数)の再現力がある。

コロナ禍で、実際の商品などを触らずに体感できる装置や、店頭デジタルサイネージの導入が進んでいるが、これらは特殊なメガネや大型の装置が必要な場合がほとんどだった。同製品は、これを解消するものとして、需要が期待される。

現在、実用化に向けて開発が進められており、現時点では、人の頭のサイズ(直径 200mm 高さ 250mm)で立体映像のカラー動画表示を実現している。

今後、同社では2021年度中に試作機による実証実験や試験的な稼働を始め、2022年度中の実用化を目指す。

WARPE ブランドサイト
https://warpe.ricoh

TRIBUS 2020
http://accelerator.ricoh/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.