プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」 閲覧者の来店効果を可視化


【2018年7月3日】凸版印刷は7月2日、同社が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」で、広告閲覧者の来店の可視化を開始した。

「Shufoo!」とは、PCやスマートフォン、タブレットなどで全国のチラシが閲覧できるサービス。全国約112,000店舗が参加しており、月間ユーザー数は1,114万(2018年3月現在)に上る。同サービスは、特に20~40代の女性を中心に利用されている。

Shufoo! 凸版印刷 

同社は今回、同サービスの閲覧データを利用した広告配信サービス「Shufoo! Audience Targeting Ad(シュフー・オーディエンス・ターゲティング・アド)」と、スマートフォンの位置情報を利用することで、広告を閲覧した人の実店舗への来店有無の検証を可能にした。

これまでの流通小売業は、広告投資による「実店舗への来店」の効果を測ることができずにいたが、同サービスはその課題を解決する。
最低出稿金額100万円~。

来店可視化事例では、サントリー酒類の広告配信で、商品が配下されているタイアップ先の流通チェーン店舗への送客を実現。広告接触者の8.3%がタイアップ先のチェーン店舗に来店している。

Shufoo! 凸版印刷 

同社は今後、「Shufoo! Audience Targeting Ad(シュフー・オーディエンス・ターゲティング・アド)」の拡販に取り組み、2018年度に100社の採用を目指す。

Shufoo!
・PC http://www.shufoo.net
・携帯 http://mobile.shufoo.net


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.