印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ファンがアニメ・マンガのキャラを商品化・販売できる!? 「ani-t(アニティー)」がオープン


【2016年11月21日】アニメファッション商品化支援サービス「ani-t(アニティー)」が11 月17 日、β2.0 版のサービス提供を開始した。運営はインターネットサービス事業を手掛けるミルフィーユプラス。

「ani-t」は提携するアニメやゲーム、キャラクターなど版権のあるファッションアイテムを、ファンが商品化できる新サービス。

ani-t_keyimage1_thum

ユーザーは、版権物を題材にしたデザイン案を自由に投稿でき、ファンの人気が集まったデザインは実際に商品化、販売される。

サービスのフローは、ユーザーが版権物を題材にしたデザインを投稿し、版権元がデザインを公開して良いかどうか判断。公開されたのち、他のユーザーからの「LIKE」が多い作品が商品候補とされ、購入希望者が一定数を超えると商品化が決定する。
デザインの投稿者はデザイン料として、売上総額の10%を受け取れる。

ani-t_services_flow

このサービスにより、コアなファンなどは二次創作によらず自分の好きなキャラクターを商品化でき、ライトなファンもよりデザイン性の高い商品を手に入れられる。

同サイトでは現在、10 社、19 キャラと提携しているが、今後、アニメやゲーム、キャラクターなど、から、提携する作品の数を増やし、80 社、120 キャラを目指す。

「ani-t」
https://www.ani-t.com/


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.