プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

オリジナルTシャツプレゼント10名様に!【プリント&プロモーション2周年記念特集③】工場潜入編 協力:オリジナルプリント.jp


【記念特集③】当サイトも開設から6月で丸2年が立ち、読者への感謝をという気持ちで始めた「Tシャツプレゼント」。
「オリジナルプリント.jp」さんの協力で、第1回「きっかけ編」、第2回「デザイン編」と続き、Tシャツのデザインと注文までは終わった。

オリジナルプリント.jp Tシャツプレゼント

黙って待っていても数日でTシャツが届くのだが、そこはプリント&プロモーション。
Tシャツがプリントされる所を見に行ってみようということで「オリジナルプリント.jp」の工場を訪ねた。

オリジナルプリント.jp 2

 

データからTシャツプリントへ

ここは都内某所のにある「オリジナルプリント.jp」の工場。
「関係者以外立入禁止」のステッカーが重々しく、許可はもらってはいるものの緊張が走る。

オリジナルプリント.jp Tシャツプレゼント

案内してくれたのは工場の責任者の河田顕さん。
たくさん工場を見て回った記者だが「さすがTシャツ屋さん。服装がおしゃれな感じで、フツーの工場と違う!」とちょっと驚き。

さっそく、Tシャツ作成の現場を見せてもらった。
おお~!来てる来てる。

オリジナルプリント.jp Tシャツプレゼント

わが社で作ったデータがちゃんと届いている。当たり前だけれど、何か現場で見るとうれしくなってしまうから不思議だ。

「作りづらい部分とかはないですか?けっこう色もいっぱい使ったし」と聞くと。
「IM転写なので、問題ないですよ。こんな感じで転写シートをプリントしていきます」
とプリントされたデザインを取り出して見せてくれた。

オリジナルプリント.jp Tシャツプレゼント

特殊な紙へプリントしてあり、反転したものを見ているので、ちょっとわかりにくいが、かなりの再現率。
左袖の部分もこんな感じに、プリントされているのを確認し、次の工程へ。

ここからのこの紙を転写紙に乗せて、プリント部分を移していく。さらに必要な部分だけ、大まかに切り抜いていく。

 

オリジナルTシャツいよいよ完成

いよいよTシャツにプリント。なのだが、ここでタグをバーコードで「ピピッ」と読み取る。
Tシャツ、この業界では「ボディ」というのだが、このボディを取り違えないようにするための工夫なのだという。Tシャツの生地はそれぞれ厚みや性質も違い、色や注文数もさまざま。間違えると、当然お客さんに迷惑が掛かっていまう。これを防ぐ対策が各工程にあるのだ。

さて、さっきのシートをボディに位置合わせして、熱圧着機で抑える。
取り出した転写シートをボディからはがすと!
あのデザインそのままのTシャツが現れた。

オリジナルプリント.jp Tシャツプレゼント

左袖もこんな感じにクッキリと文字が表現されている。

河田さんに持っていただき「ハイ!チーズ!」。

プレゼントのTシャツがとうとう出来上がり。
このあと、箱詰めしていただき、当社へ送付となった。

オリジナルプリント.jp 2

 

プレゼントの応募方法

「プリント&プロモーション2周年記念Tシャツ」 は、10名様にプレゼントいたします。
サイズは全てXLサイズで、ベースカラーは黒となります(細かなデザイン変更があることをご了承ください)。

プレゼントへの応募はツイッター(@p_promcomをフォローの上、記事ツイートのリツイートもしくはダイレクトメッセージで。
もしくはFacebook「プリント&プロモーションへのいいねをした上で、ダイレクトメッセージで応募ください。
抽選結果は発送をもって代えさせていただきます。

締め切りは10月末まで。

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.