プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

EFI 超大判デジタル段ボール印刷機「Nozomi C18000 Plus」をトルコ最大手の段ボールメーカーへ納入


【2022年3月4日】EFIはこのほど、超大判デジタル段ボール印刷機「Nozomi C18000 Plus」を、トルコ最大手の段ボールメーカー「Modern Ambalaj」に納入した。

「Modern Ambalaj」は1997年設立。トルコ最大の段ボールメーカーで、6工場で年間約60万トンの段ボールを製造している。
今回、イスタンブール工場にNozomiを導入し、2022年には総生産能力を80万トンに増やすという。
トルコのサカリヤにあるModern Ambalaj工場への追加投資により、同社の年間総生産能力は2023年にはさらに90万トンに増加する。

「EFI Nozomi C18000 Plus」モデルは、高速で中断の少ない搬送と、ワーピングを排除する特許取得済みのバキュームテーブルシステムを持つ。最大印刷幅は1.8メートル幅で、毎分最大75mの搬送速度がある。これにより、890 ×890 mmのボードを最大10,000枚/時、2枚同時に出力できる。
インクは、標準のCMYKに加えてオレンジ、バイオレット、ホワイトのオプション搭載が可能。PANTONEカラーの最大97%をカバーするイメージ色域を提供する。

納入したプリンタには、最新バージョンの「EFI Fiery NZ 1000」を搭載。カラー管理や、イメージデータを正確に分析してより精密にインクコストを抑える強力な「Smart Ink Estimator機能」などを提供する。
このほか、プリンタの割り込み校正機能もあり、プリンタで別のジョブが実行されている間の90秒以内に校正を生成し出力可能。

 

コメント

Modern AmbalajのゼネラルマネージャーKubilay Alkan氏
トルコの段ボール業界は、新しい市場の需要に応えるために、高速で高品質のデジタルソリューションを必要としている。

EFIパッケージおよび建材担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーEvandro Matteucci氏
段ボール業界はデジタル印刷の採用に向けて前進を続けており、Modern Ambalajがトルコで最初のEFI Nozomiプリンタを導入することで、市場の変革を継続できることを嬉しく思う。
「評価の高い企業が、ボードに直接印刷するEFIインクジェット印刷を採用したことは、段ボール生産処理に高品質のデジタル印刷を使用することで、最も適切に管理された梱包ビジネスにもたらす価値を示している。

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.