プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ フラットベッドプリンタ「JFX500-2131」の対応厚を50㎜→60㎜へ 受注生産開始


【2020年1月27日】ミマキエンジニアリングかこのほど、フラットベッドタイプのUV硬化型インクジェットプリンタ(IJP)「JFX500-2131」について、メディア対応厚を従来の50mm から60mmへ拡大したバージョンの受注生産を開始した。

「JFX500-2131」は大判フラットベッドIJPのベストセラー機。
大判のボードメディアを最大60㎡/hの高速プリントでき、生産性が高く、コストパフォーマンスも高い大判プリンタとして、多くのユーザーから活用されている。また、搭載するUVインクは、塩ビや紙などのよく使用されるメディアはもちろん、木材や鉄、レンガなどさまざまな素材へプリントでき、グッズ製作にも活用されている。

今回、対応厚を60㎜まで拡大することで、さらに厚みのある素材へのプリントが可能になった。これにより、表裏にアルミ複合板やPVC板などを貼り合わせた規格50mm厚(実質52~53mm厚)のチャンネルボードへのプリント、厚みのあるグッズ作成で力を発揮する。

問い合わせは各営業所、販売店、またはWEB問い合わせフォームまで。

WEB問い合わせフォーム
https://japan.mimaki.com/inquiry/negotiation/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.