プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

HP 昇華転写プリンタを発表 分光測色機を初搭載し 色合わせに効果


【2019年4月24日】HP (米国カリフォルニア州パロアルト)はこのほど、デジタルテキスタイルプリンタ「HP Stitch S プリンタ(エイチピー スティッチ)」シリーズを発表した。

新製品は「HP Stitch S300 プリンタ(64インチ)」、「HP Stitch S500 プリンタ(64インチ)」、および「HP Stitch S1000 プリンタ(126インチ)」の3機種。
いずれも分光測色機を初めて内蔵し、高速で正確なカラーマッチングを実現し、印刷プロセスを簡素化する。

「HP Stitch S500 プリンタ」は、大量プリントを行う環境に最適。昇華後の色を予測して再現することで、プロダクション環境でメディアの無駄を削減する。64インチ幅に対応する多用途プリンタは、左右対称の2つのCMYKのプリントヘッドと「Optical Media Advance Sensor」により、高精度で高速の1パスモード印刷を実現する。機能では、生産工程を合理化する「大容量インクタンク」により夜間の無人運転可能。「HP Smart Colorツール」により、プリンタ間で色の一貫性を保ち、プリントジョブを複数台で行える。

「HP Stitch S300 プリンタ」は、初めて昇華プリンタを使用するプロフェッショナル、プロトタイプ制作部門、およびプリントプロバイダー向けに最適に設計されている。
ユーザーによる交換可能なプリントヘッドを初搭載し、製品のダウンタイムとサービス費用を削減している。

同社では新製品の発売に合わせ、新たな「昇華転写紙」も発売した。

なお、これらの製品は、米国では4月24日から26日まで米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「ISA 2019」で初展示さている(ブース番号1935、1919)。

また、「FESA 2019」と「ITMA 2019」で日本語のブースツアーを実施し、事前予約も受け付けている。

ブースツアーは、以下から登録可能
http://www.hp.com/jp/stitch2019

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.