プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ミマキ 大判フラットベッドプリンタ「JFX200-2513 EX」を発売 多段盛り上げ&速度200%など新機能多彩に


【2019年4月19日】ミマキエンジニアリングは5月から、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX200-2513 EX」を発売する。

「JFX200-2513 EX」は、2013年発売のプリンタ「JFX200-2513」の後継機種。
最大用出力サイズは2,500×1,300mmで、UVインクを搭載しており、フラットベッドタイプであるため、木材やダンボール、金属など幅広い素材へ直接プリント可能。白色ボードや透明/有色ボードなどの硬さがある、または厚手のメディアにも出力できる。

インクを何層にも塗り重ねる厚盛り印刷「Surface Imaging」を実現でき、表面に立体感をもたせた2.5D表現を可能にする。
さらに従来の出力は、積層している部分、していない部分の2階調のみだったが、ミマキ純正RIPソフトウエア「RasterLink6Plus」の新機能「2.5D Texture Maker」により、多段階調のデータを簡単に作成できるようになった。

レンガや木目などのテクスチャがプリントや、絵画や油絵の筆跡、文字の部分が盛り上がっているサイネージ制作など、簡単に半立体的で滑らかな2.5Dプリントが可能。ただ色をつけるだけではなく、滑らかな質感をプラスすることで次元を超えた新たな付加価値プリントを提案する。

また、新開発ヘッドユニットを採で、透明/有色ボードへホワイト&カラー同時出力の際、速度が従来機種比200%に向上。ワンランク上の生産性を実現する「Draftモード」を新たに追加し、最高35㎡/hの高速プリントも可能にした。

このほか、ノズル抜けを自動検知して復旧可能「NCU(ノズルチェックユニット)」や、クリーニングでも抜けが解消されない場合の「NRS(ノズルリカバリーシステム)」、作業効率を向上させる「バキューム制御用フットスイッチ」などの機能も搭載している。
価格は780万円(税別)。

ミマキエンジニアリングでは、年間の販売予定台数を全世界で300台としている。

 

JFX200-2513 EX

プリントヘッド オンデマンドピエゾヘッド(3ヘッド スタガ配列)
硬化装置 LED-UV方式
最大印刷サイズ 2,500×1,300 mm
メディア高さ 50 mm以下
メディア重量 50 kg/㎡以下(集中荷重無きこと)
メディア吸着 ブロア吸着式 + フットスイッチ
吸着エリア分割数 2分割(X方向)
搭載インク LH-100/LUS-120/LUS-150/LUS-350※5/PR-200※6
色数 C,M,Y,K,Lc,Lm,W,Cl,Pr※7
インク供給 1ℓボトル、250mlボトル(LH-100,LUS-120,PR-200のみ)※8
インターフェイス USB2.0、Ethernet
適合規格 VCCIクラスA、CEマーク、CBレポート、米国安全規格UL (UL62368-1)、RoHS指令、FCCクラスA、機械指令、EAC、RCM
電源使用 単相 AC200~240V 12A以下
消費電力 2.88 kVA以下
外形寸法(W×D×H) 4,400×2,450×1,250 mm
重量 650kg

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.