印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

リコー 産業用デジタル印刷機「RICOH Pro C5210S/C5200S」を発売 紙厚対応UP 準備は時短 静音性も向上


【2017年1月19日】リコーは、産業用デジタル印刷機「RICOH Pro シリーズ」のカラー機の新製品として「RICOH Pro C5210S/C5200S」を発売する。

RICOH Pro 5210S

新製品は、2013 年6 月に発売した「RICOH Pro C5110S/C5100S」の後継機種とで、従来機の特徴である、省スペースと高生産性はそのままに、用紙対応力と品質を強化している。

最大用紙サイズは330.2×487.7mm から330.2×1,260mmと大幅に向上。紙厚も強化し、従来の52.3g/㎡の薄紙から360g/㎡の厚紙まで対応する(前身機は52.3g/㎡~300g/㎡)。
さらに、スキューやレジスト精度を向上する機構を新たに搭載し、高い表裏見当精度を実現した。これにより多彩な印刷物の制作が可能になり、プリントオンデマンドビジネスの可能性を広げる。

連続プリントスピードはカラー、モノクロともに毎分最大80ページ(A4ヨコ)と高速印刷を実現。スキャンも「 1パス両面同時読み取り」により、フルカラー、モノクロともに毎分最大220ページで印刷物をデータ化できる。

ウォームアップタイムも300 秒から120 秒と半分以下に短縮。
リコー独自の技術により静音性を高め、稼動時だけでなく待機時の騒音値も低減し、快適なビジネス環境を提供する。

価格は「RICOH Pro C5210S」が 630万円、「同C5200S」が510万円(いずれも税別)。

リコーでは、印刷事業者や企業内の販促物制作ニーズが高いユーザーへの導入を進める。

RICOH Pro 5210S 5200S


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.