プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 「GL BARRIER」でCO₂削減 1年間に81,000トン(前年比約29%) 欧州や電子レンジ用が後押し

LINEで送る

【2022年8月9日】凸版印刷はこのほど、「GL BARRIER」を使用した食品パウチで、1年間に81,000トンのCO₂排出量削減効果があった発表した。

同社は、アルミ箔からの置き換えでCO₂排出量削減を実現する、透明バリアフィルムの「GL BARRIER」を活用したパッケージをグローバル市場へ展開している。
また、脱炭素社会の実現に向けた環境配慮型パッケージの強化を目的に、2020年度の実績から製品のCO₂排出量削減効果の公開を行ってきた。

今回、「GL BARRIER」を使用した食品パウチで、2021年度の出荷量からCO₂排出量を算出した結果、アルミ箔を用いたパッケージに比べ、81,000トンのCO₂排出量削減効果があった。これにより、2020年度の実績63,000トンから約29%削減効果が伸長した。

同社はこの結果を、欧米市場の食品パウチでのアルミ箔から「GL BARRIER」のPP(ポリプロピレン)への置き換えや、電子レンジ調理が可能なレトルト食品包材の消費が増えたことなどによるとしている。

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.