プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リサーチステーション 調査レポート「生鮮食品容器包装の世界市場:素材別、パックタイプ別2025年予測」の取り扱いを開始


【2021年4月9日】リサーチステーションはこのほど、調査レポート「生鮮食品容器包装の世界市場:素材別、パックタイプ別2025年予測」の取り扱いを開始した。

同調査レポートでは、生鮮食品容器包装の世界市場規模を、2025年に952億ドルに拡大すると予測する。また、2020年の同市場規模は798億ドルと推計している。

レポートでは生鮮食品容器包装の世界市場について2025年までの市場予測データ(金額US$、量ベースMETRIC TON)を掲載。市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測をなどで構成している。

同レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、素材別市場(ポリエチレン、ポリプロピレン、紙、アルミニウム、BoPET、ポリ塩化ビニル、その他)、バックタイプ別市場(ロールストック、ガゼット袋、フレキシブルペーパー、段ボール箱、ボックスボード、缶、その他)、用途別市場(肉製品、野菜、シーフード、果物、その他)、および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(20社)、ファイブフォース分析、マクロ経済指標などを分析。生鮮食品容器包装市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしている。

詳細は以下から
http://researchstation.jp/report/MAM/22/Fresh_Food_Packaging_Market_2025_MAM2261.html

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.