プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 ブランドワインの偽造防止用「CorkTag(コルクタグ)」を開発 穴あけも検知


【2017年1月12日】凸版印刷は、ワインのコルク栓引き抜きや不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag(コルクタグ)」を開発した。
同社ではこの「CorkTag」を1月中旬から本格販売を開始し、偽造ワインや不正な詰め替え防止用途で、国内外の高級ワイン醸造メーカーに提供する。

「CorkTag」は、ワインのコルク栓を外側から覆うラベル形状のNFC対応ICタグ。
アンテナ回路とは別に上面・側面それぞれに断線を検知する回路があり、コルクの引き抜きはもちろん、上部に針などで穴を開けた場合も開栓を検知し、その履歴をICチップ内に記録する。

凸版印刷 CorkTag コルクタグ 凸版印刷 CorkTag コルクタグ

このタグは通信用アンテナと断線検知用回路の2つの回路を備えており、検知回路が断線した後も通信可能。NFCに対応しているため、スマートフォンでも製品の開栓/未開栓を確認できる。

消費者が開栓した後にも、スマートフォンでICタグを読み取れば、産地情報の提供やキャンペーンWebサイトへ誘導でき、マーケティングでの活用も可能。

凸版印刷 CorkTag コルクタグ

同製品は本格販売に先立ち2016年12月から、認証セキュリティ事業を手がけるSelinko SA (ベルギー)と共同で開発したブランドプロテクションシステムとして、フランス・ブルゴーニュ地方の高級ワインメーカー「ドメーヌ・エマニュエル・ルジェ」で採用されている。

製品の価格は1枚約90円/枚 (30万ロットの場合)。

今後、凸版印刷では同製品を、高級ワインを取り扱うワインメーカーに向け拡販し、2018
年度に約50社での採用を目指す。

紹介動画



Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.