プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

寺岡精工のPETボトル減容回収機 環境省内のセブン-イレブン店舗で稼働開始


【2021年4月8日】寺岡精工のPETボトル減容回収機「Bottle Squash(ボトルスカッシュ)」が3月24日、環境省が入る合同庁舎内のセブン-イレブン店舗で稼働を開始した。
中央省庁では初の設置。

「Bottle Squash」は、PETボトルを圧縮回収し、利用者にnanacoカードからポイントを還元できるマシン。圧縮率を高めたことで、コンパクトなボディーながら空PETボトルを約150本(500ミリリットルの場合)まで収容でき、より効率的な資源回収・運搬ができる。

環境省では、PETボトルのリサイクルに資する減容回収機の設置を公募。セブン-イレブン・ジャパンの“Bottle to Bottle”のリサイクルの提案を採択し、環境省が入る合同庁舎内のセブン-イレブン店舗近くに当社製PETボトル減容回収機が設置された。

これまでもセブン-イレブンは、循環型社会の構築やプラスティックごみ対策のため、当社製PETボトル減容回収機を東京都や神奈川県、埼玉県、沖縄県などの都県内、495 店舗(2021 年 1 月末現在)に設置している。

環境省が入る合同庁舎内のセブン-イレブン店舗へは、投入口を約 120cm の高さに設定したタイプを納入した。コンパクトな箱型タイプでありながら、収納力は通常タイプより 55%アップとなる1機あたり小型PETボトル約 280 本の回収を実現し、店舗従業員の回収負担を軽減させる。

また、当社独自のプレ裁断圧縮方式を開発・採用し、減容したPETボトルが膨らみにくい状態を保ち、PETボトルの飲み口部分を欠落しないように減容できる。

寺岡精工
https://www.teraokaseiko.com/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.