印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ペコちゃんとあなたが共演? 「MyMilky(マイミルキー)」登場 不二家&DigiBookが協業で実現


「じゃがりこ」に「うまい棒」「ハイチュウ」「ブラックサンダー」。これらのお菓子の共通点は「オリジナル」を作れること。
オリジナル商品を作れることで、より身近に、ターゲットを絞って展開できることから、さまざまなお菓子メーカーや販売会社がこの分野で商品を展開している。
そんなオリジナルお菓子の世界にあの“ママの味”が参戦した。

マイミルキー01

不二家の人気商品「ミルキー」は今年65周年を迎え、これを記念したキャンペーンとして4月4日、オリジナルのミルキーを作れる「MyMilky(マイミルキー)」を発売した。

「MyMilky」はミルキーにキャンペーン用の紙製外箱を用意し、その外箱の表面に好きな画像をはめ込むことができる。
テンプレートにはペコちゃんと「魔法のミルキー」のキャラクターペコラちゃんの2種類があり、パッケージ上で知っているだれか(もしくは自分)とペコちゃんが共演できるというのだ。
今後、ミルキーの65周年記念特別デザインを加えるそうで、今しか味わえない限定グッズの楽しみが広がる。

この「MyMilky」、不二家がオリジナルフォトグッズシステム「OWL(オウル)」を運営するDigiBookと協業して実現したもの。
「OWL」は、フォトグッズ注文サイト専用に開発されたクラウド型ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)で、オリジナルパッケージやフォトブック、カレンダーなどの作成・入稿を「WEBエディター」と「版下自動生成エンジン」で実現している。
マイミルキー02

「MyMilky」キャンペーンでは、このシステムを活用して、スマートフォンなどからでも作成・注文できる。
作成には特殊なソフトを使用せず、アプリなどインストールする必要もない。
ユーザーはキャンペーンサイト上から画像をアップロードし、テンプレートに合わせることで、自分だけの「ミルキー」をわずかな時間で作成できる。

印刷はインクジェット方式のデジタル印刷機を使用し、表面にはニスコーティングを施している高級感ある仕上げ。
価格は3,200円(1セット・5粒×20箱、別途手数料315円、クール便890円)。
第1弾キャンペーンは4月4日~4月28日(木)まで。

さあ、あなただけの“ママの味”を作るなら今だ!

「MyMilky(マイミルキー)」サイト


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.