プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

矢野経済研究所 調査レポート「2022年版プラスチックリサイクル市場の展望と戦略」を刊行

LINEで送る

【2022年10月19日】矢野経済研究所はこのほど調査レポート「2022年版プラスチックリサイクル市場の展望と戦略」を刊行した。

グラフ イメージ

同レポートは、欧州や米国、日本のプラスチックリサイクル市場を調査し、当該地域におけるリサイクル技術の動向や参入企業動向、将来展望について掲載している。

同調査レポートでは、先般の「2022年版プラスチックリサイクル市場の展望と戦略」に加え、欧米におけるモノマー化、油化、ガス化といったケミカルリサイクル技術の開発動向をはじめ、自動車メーカー及び容器ユーザーのリサイクル材の採用状況を取り上げる。

特に欧州は米国、日本と比較してプラスチックリサイクルが進んでおり、ケミカルリサイクルの処理目標の発表、ELV指令の改定版によるプラスチックリサイクル使用の義務化などを踏まえ、今後も世界のプラスチックリサイクル市場をリードしていくものとみている。

こうしたプラスチックのリサイクルが先行する欧州のプラスチック戦略及び政策、2021年に国家リサイクル戦略を発表した米国のリサイクル市場の現状を展望しています。

 

調査概要

発刊日: 9月28日
体裁:A4 / 275頁
定価:440,000円(本体400,000円 消費税40,000円)

詳細内容はこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/C64114020

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.