プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー クラウド型サイネージ配信に「電子POPサービス」を追加 双方向なコンテンツ&店舗での切り替えも可能


【2021年10月21日】リコーは10月29日、クラウド型サイネージ配信サービス「RICOH Digital Signage(リコーデジタルサイネージ)」の新ラインアップとして、電子POPサービスを開始する。

新サービスは、クラウド配信型サイネージ対応のアプリケーションを内蔵した電子小型ディスプレイと、専用のクラウド配信サービスを組み合わせたソリューション。
アプリ内蔵のオールインワン仕様により、別途STBを用意する必要がなく省スペースを実現。クラウド上で配信コンテンツの一括管理ができるほか、タッチパネルを活用したインタラクティブ(双方向)なコンテンツ表示を行える。

さらにタッチコンテンツの収集データはマーケティングへの活用も可能。状況に合わせて店舗スタッフがその場でコンテンツを変更できる「ストアモード」機能を搭載し、フレキシブルに運用できる。
ディスプレイのサイズは7インチから21.5インチまでの4種類から用途に応じて選択できる。

リコーは、デジタルデバイス・サービスの活用によるワークプレイスの変革を通じて、お客様の働く現場でのDX実現を支援していくとしている。

商品ページ
https://www.ricoh.co.jp/signage/special/distribution/

「リコーデジタルサイネージ」公式ページ
https://www.ricoh.co.jp/signage/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.