プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷ら 渋谷でデジタルサイネージによる情報発信の実証実験を開始 プロモーションや緊急情報を映像で


【2019年1月16日】大日本印刷(DNP)は1月15日、東京電力パワーグリッド(東電PG)、パナソニック、渋谷区と共同で、デジタルサイネージによる情報発信の実証実験を開始した。

DNP 東電 デジタルサイネージ

同実証実験は、商業施設や人の往来が多い通りにおいて、デジタルサイネージによる情報発信サービスの有効性や滞留性の評価および配信システムの検証を行うもので、渋谷区役所新庁舎の開庁に合わせ、渋谷駅から新庁舎へ向かう歩道上で実施される。
歩道には、東電PGとパナソニックが開発するデジタルサイネージを4台設置し、渋谷区の区政情報やプロモーション動画、また災害発生時に必要な情報を実証機に配信・表示する。

DNP 東電 デジタルサイネージ

DNPやパナソニックはこれまで、デジタルサイネージを活用した事業展開を推進しており、東電PGは、街の無電柱化にともなって地上に設置される電気設備の活用方法を検討してきた。また、DNPは渋谷区と共同で情報発信プロジェクトに取り組んでいる。
同実証実験は、デジタルサイネージによる情報発信の検証だけでなく、電気設備の新しい活用方法も検討するものとなっている。

DNPは今回の渋谷区役所新庁舎でのデジタルサイネージのコンテンツ制作から運用までの実績を活かして、他の地域へのデジタルサイネージの導入を進めていく。

 

実証実験概要

期間:1月15日~12月31日(火)
地域:公園通り周辺(渋谷区神南1丁目宇田川町近辺)
放映時間:午前5時~翌午前0時

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.