プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

グローバルインフォメーション 市場調査レポート「熱転写印刷の世界市場」 2025年には535億ドルに


【2020年5月10日】グローバルインフォメーションはこのほど、市場調査レポート「熱転写印刷 (サーマルプリント) の世界市場 – 2025年までの予測:バーコードプリンター、POSプリンター、キオスクプリンター・チケットプリンター、RFIDプリンター、カードプリンター」 (MarketsandMarkets) の取り扱いを開始した。

サーマルプリント(熱転写印刷)市場は、2020年の432億ドルから2025年には535億ドルに達し、4.4%で成長すると予測されている。

近年、RFIDやバーコードサーマルプリンタの市場は拡大から、サーマルプリントの市場も拡大している。
これは、生産性向上のための自動識別やデータキャプチャ技術、製品の安全性や偽造防止に関する需要などの増大によるもの。最新のオンデマンド印刷や、モバイルプリンタのワイヤレス技術の普及、電子商取引などが多く使用されており、この市場の増大がサーマルプリントを後押ししている。

業界別では、特にヘルスケアとホスピタリティ分野で最も大きく成長。また、スマートラベルを使用することで、緊急時に患者や医療機器を把握するなど、ヘルスケア分野で患者の流動、ベッド利用状況、資産の割り当てなどに役立つラベルやタグを印刷するために広く使用されている。

サーマルプリンタ市場は、プリンタの種類別に、バーコードプリンタ、POSプリンタ、キオスク&チケットプリンタ、RFIDプリンタ、カードプリンタに分類されている。
特にバーコードプリンタは、この市場をリードすると予想されている。

地域別では、北米が最大のシェア。この地域でサーマルプリンタが使用されている主な用途は、小売、輸送・物流、製造・工業、ヘルスケア・ホスピタリティなどとなっている。
この地域にはサーマルプリンタや付属品を提供する企業が複数存在しており、北米市場の成長をさらに後押ししている。
Zebra Technologies(米国)、Honeywell International(米国)、NCR Corporation(米国)、Avery Dennison(米国)は、北米に進出しているサーマルプリンタのプロバイダーの一例。

当レポートの詳細目次
https://www.gii.co.jp/report/mama932133-thermal-printing-market-by-offering-printer.html

グローバルインフォメーション
https://www.gii.co.jp/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.