プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サンケイリビング 「女性が選ぶネット印刷サービスに関するランキング」を発表 1位は…


【2020年5月1日】サンケイリビング新聞社はこのほど、Webコンテンツ「ウーマンリサーチ」で「女性が選ぶネット印刷サービスに関するランキング」を発表した。
「ウーマンリサーチ」では、読者が選ぶおすすめの商品やサービスをさまざまな切り口で調査し、ランキングを発表している。

「女性が選ぶネット印刷サービスに関するランキング」は3月に実施し、回答者750人中、ネット印刷サービスを利用したことのある人は40.1%だった。
印刷したものは「写真」が53.5%と最も多く、次いで「年賀状・挨拶状」「フォトブック」「チラシ・フライヤー」と続く。

 

各部門のランキング

また、各部門は以下のような結果となった。
「写真プリント・フォトブック部門」は、「しまうまプリント」が利用率第1位、「TOLOT」が総合満足度第1位、「カメラのキタムラ」が品質満足度第1位だった。

また、ネットプリント部門では、「プリントパック」が利用率第1位、「プリントネット」が利用満足度第1位、「ラクスル」がオススメしたいネットプリント(推奨意向率)第1位となった(ネットプリント部門は写真・フォトブックを除く印刷物が対象)。

ネット印刷サービスを利用した理由については、「安いから」、「便利だから」、「手軽だから」という意見が多かった。
「店舗に行かなくてもできる手軽さ。価格も安かった」(30代女性)
「低コストでデザインも豊富で、スマホで作成できてとても便利だった」(30代女性)
「子供が小さく、外出しなくて出来るので便利」(30代女性)
など、安さや手軽さに加え、店舗に行かずに自宅で完結できることに魅力を感じている。

利用時に最も重視したポイントは、両部門ともに「価格の安さ」が最も多く、次いで「申し込みの手軽さ」と続く。

写真プリント・フォトブック部門では「対応商品の豊富さ」、ネットプリント部門では「配送スピード」や「会社の信頼性」が重視される傾向もある(グラフ1・2)。

さらに、写真プリント・フォトブックを利用した人に利用シーンを聞いたところ、「子どもの成長記録として」が44.9%と最も多く、次いで「旅行の記念に」「子どもが生まれた記念に」と続いた。

「誰のために利用したか」については、「自分用」が66.5%と最も多く、次いで「両親」「子ども」だった。
また、「写真をプリントして残すことは必要かについて聞いたところ、「とても必要」「まあ必要」と答えた人は79.9%と多数だった。

調査詳細などは以下から
https://mrs.living.jp/woman_research/article/3835065

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.