プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【開催中レポート2】「販促・マーケティング総合展 夏」 新感覚の販促プリント&アイデアを紹介


【2018年7月6日】「販促・マーケティング総合展 夏」が7月4日に江東区有明の東京ビッグサイト西館で開幕。今日7月6日まで開催されている。

「販促・マーケティング総合展」は、販売促進にかかわる印刷サービスやノベルティグッズ、DMサービス、什器・POP、デジタルサイネージなどにかかわる製品やサービス、技術を集積した見本市。
今年は約700社が出展し、4万人の来場を見込んでいる。

また、東館では「ISOT – 【国際】文具・紙製品展」も開催されており、こちらにもプリント関連の展示があった。

プリント&プロモーションではレポート2でも「販促エキスポ」を中心に、プリントや店舗・店頭広告、屋外広告にかかわる展示を取材。写真を中心に開催中レポートとして紹介する。
社名等の後はブース番号。

【関連記事】
開催中レポート1|「販促・マーケティング総合展 夏」 プリント機器や店頭プロモーションなどに注目

 

「販促・マーケティング総合展 夏」
http://www.sp-world.jp/summer

「ISOT – 【国際】文具・紙製品展」
http://www.isot.jp/

 

販促いろどるアイデア

サガシキ/フライデーナイト(W6-19)は、紙器メーカーが提案するさまざまな販促グッズとサービスを紹介している。
「ハコギフト」は、「カロリーメイト」の外側にスリーブ状の外箱を装着したもので、その部分を顔写真付き名刺のように活用できる。

「ハコレター」は、紙器製造の抜き加工を活用したダイレクトメール。外の封筒と中身を一体でプリントし抜き加工し、封入するため、名寄せの必要がなく安価にDMを作成できる。

このほかデジタルサイネージの「エンプラグ」は、顔認証を搭載。性別や年齢に加え、目線、感情なども取り込み、広告に対する反応を読み取れる。

 

イメージマジック(W8-39)の「フルカラーオンデマンドバッグ」は、国内製造では唯一のフルカラー手提げで、1000組から短納期で、写真を取り入れた手提げの製造が可能。同社が運営する「オリジナルプリント.jp」での販売も始めている。
今回は初めて、リュック型のバッグを展示し、利便性と販促効果をアピールした。

 

東京リスマチック(W15-8)は「FLASHPRINT」を中心展示。一見何も描かれていない場所をフラッシュ付きのカメラやスマートフォンで撮影すると絵柄が浮かび上がって撮影されるというもの。従来1色だったが、新製品では4色からーを表現できるようになった。
このほか、紙器を使った「紙の自販機」などユニークな製品を紹介している。

 

クリーンテックス・ジャパン(W11-74)の「プロモーションマット」は足元を彩る販促品。
「ジェットプリントマットⅡ」は、十数色を効果的に使用するドット捺染という特殊な染色法でフルカラーのような表現が可能で、店舗やオフィスを問わず多くの採用がある。

 

「ISOT – 【国際】文具・紙製品展」

大阪シーリング印刷(E4-49)は、自社のアイデア製品を多数紹介。
新製品ではものを吊り下げられる「フックシール」や、紙袋の口を止めておき、切り取り線で開けやすい「ギフトシール」などを展示している。

ヤマト(E14-28)は、自社技術のりや粘着剤を生かした商品を出品。新製品の「チギルノート」は切れ込みが入っており、好きなだけ地祇手使用できることが特徴。

【関連記事】開催中レポート1|「販促・マーケティング総合展 夏」 プリント機器や店頭プロモーションなどに注目

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.