プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

「国内イメージスキャナー市場」は13万台出荷 復調傾向が明らか 業務用が成長 キーポイントインテリジェンス


【2017年10月16日】キーポイントインテリジェンスはこのほど、「国内ドキュメントイメージスキャナー市場規模と予測」を発表した。

この調査レポートによると、販売台数ベースでは復調傾向にあり、販売金額ベースでも成長見込みであることが明らかになった。

 

減少から反転

国内ドキュメントイメージスキャナー(業務用専用スキャナー機)の販売2012 年から減少が続いていたが、2016 年実績は13万台で前年比5.5%の伸びとなり、回復の兆しを見せている。

販売金額は91億円で引き続き減少し、前年比マイナス9.2%だった。しかし、自炊需要の一巡による減少の影響が底を打つ一方、メーカーの用途開拓によって、業務利用が徐々に増加し、2016 年~2021 年の年間平均成長率は、販売台数で4.3%、販売金額は3.9%と見込んでいる。

キーポイントインテリジェンス 国内ドキュメントイメージスキャナー市場規模と予測

また2021年には、販売台数は 16 万台、販売金額は 111 億円に成長すると予測。2013 年レベルの市場規模に回復すると見込んでいる。

 

セグメント別では業務用が成長

製品セグメント別では、デスクトップおよびローボリュームプロダクション以上の中高速セグメントの販売台数は減少したが、モバイル、パーソナル、デパートメンタルのセグメントでは増加した。
パーソナルセグメントでは自炊需要の一巡によるホーム市場減少の影響が底を打ち、DIS ベンダーの業務用途開拓によって、業務利用が徐々に増加している。
デスクトップ、デパートメンタルセグメントは、業務系用途の分散化トレンドに沿って成長が継続すると予測している。

キーポイントインテリジェンス 国内ドキュメントイメージスキャナー市場規模と予測

これらの国内市場規模と予測、市場分析はキーポイントインテリジェンスが発行した「2017 年国内ドキュメントイメージスキャナー市場動向と予測」(ページ数:A4/137 ページ、¥1,404,000・税込み)に掲載されている。

またこのレポートには「ドキュメントイメージスキャナー市場のベンダーシェア」「製品セグメント別市場規模と予測」「製品セグメント別主要導入業種およびアプリケーション」「ネットワークスキャナーの販売/利用状況」など、国内ドキュメントイメージスキャナー市場の拡大促進要因/阻害要因の詳細な分析結果も掲載されている。

キーポイントインテリジェンス
http://keypointintelligence.jp/

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.