印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

海外最新リサーチ「自動包装ソリューションの世界市場:2022年に至る製品タイプ別、需要家別、市場予測と動向」発刊 リサーチステーション


【2016年12月16日】リサーチステーションはこのほど、海外最新リサーチ「自動包装ソリューションの世界市場:2022年に至る製品タイプ別、需要家別、市場予測と動向」の取り扱いを開始した。

レポートでは、自動包装ソリューションの世界市場規模は2015年段階の283億ドルから、今後2022年には524億ドル市場にまで拡大すると予測している。

イメージ

このほか、2022年に至る自動包装ソリューションの世界市場予測、機能別市場(ケース包装、パレタイジング、ラベリング、袋詰、充填、キャッピング、ラッピング)、製品タイプ別市場(自動包装機、パッケージングロボット、自動コンベア/仕分けシステム)、需要家別市場、ソフトウェア/サービス市場、主要国地域別市場など詳細な予測指標と分析を掲載している。

【英文市場調査レポート】
自動包装ソリューションの世界市場:2022年に至る製品タイプ別、需要家別、市場予測と動向
Packaging Automation Solution Market by Product Type (Automated Packagers, Packaging Robots, and Automated Conveyors & Sortation Systems), Function (Case Packaging, Palletizing), Software and Service, Industry, and Geography – Global Forecast to 2022

問い合わせは「お問い合わせフォーム」から




Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.