プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

ギフトショー秋2015リポート② シールでできる販促・グッズ提案あれこれ


【2015年9月4日】「第80回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2015」が9月2日から、江東区有明の東京ビッグサイト全館を使用し、開催されている。同イベントは国内最大の雑貨や販促品、ギフトに関する見本市。今回は2,548社が出展し、期間中に約20万人が来場する。イベントは今日、9月4日まで開催している。
当サイトでは販促と印刷という立場から同イベントをリポートする。
リポート②はシールでできる販促提案あれこれと題して、粘着製品を活用した会社を紹介する。

アンディ(☎03-5980-8051)は、超薄型の粘着シートを活用した「スマート印鑑」を展示している。
同商品は印鑑として使用できる薄型シール。台紙からはがし、捺印したい場所にカバーの上からこすりつけるだけで、印鑑と同様の効果が得られる。押印調査での受理率は97.4%(198回調査)。

136129

このほかにゴルフボールにマーキングできる「golfdotz」も展示した。

133

太陽マーク(☎06‐6771‐9143)は、新sr品の感圧式のタトゥーシールや「ちりめんステッカー」など出品している。

感圧式のタトゥーシールは従来品と異なり、カバーの上から皮膚にこすりつけるだけで、しっかりと貼付できる。
担当者は「ユーザーから水がない場所や、水の場所まで遠いスタジアムなどで使用したいという声があり開発した」と話す。

146

ちりめんステッカーは無地のちりめん記事を活用したステッカー。記事を生かした和風の演出が可能で、展示では日本酒のびんに貼って展示した。インクジェットプリンタで出力するため少量での生産にも対応する。

152 156

ギフトショー秋2015リポート① グッズやスマホケース作成システムが人気 可食プリンタでお菓子に出力も

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.