印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

急須を持っていない若い女性向けのお茶ブランド「TEAET(ティーエット)」を和香園が立ち上げ ファームステッドがブランディング


【2016年2月12日】お茶づくりを70年余り続けている鹿児島県志布志市有明町の和香園は2月1日、新しいお茶ブランド「TEAET(ティーエット)」を立ち上げた。ブランディングデザインはファームステッド。

新しいお茶ブランド「TEAET」は、和香園の持つ鹿児島の自然豊かな大隅の志布志市有明町でのお茶づくりという「お茶の持つ健康的なイメージをそのままに、若い女性にも手に取ってもらえる、自然でおいしい商品づくり」がコンセプトという。

5a948b50cb

お茶を普段飲まない、急須をもっていない消費者でもでも楽しめるように、ドリップ、ティーパック、パウダーの3商品を発売。
パッケージデザインは、上品で上質な雰囲気とイメージを持たせるとともに、これまでの歴史とこれからの時代の融合を表現している。

671ca90258

デザインを担当したファームステッドは、「地方にこそデザインを。」「第1次産業をデザインで活性化する。」というミッションのもと、地域のブランド価値を高め、発信力を強化、「デザイン」を使って地域ブランドの価値を高める取り組みを進めているデザイン会社。
問い合わせはファームステッド(onodera@farmstead.jp)まで。

TEAET(ティーエット)
http://www.wakohen.co.jp/teaet/
ファームステッド
http://farmstead.jp


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.