印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 低照度でも動作するビーコン端末を発売 施設内のクーポン配布などに活用


【2016年6月22日】大日本印刷(DNP)は6月22日、メンテナンスの手間を省くIoT端末として、低照度の人工照明の光でも動作できる「DNPソーラー電池式Bluetooth ビーコン」を発売した。

DNP ソーラー電池式Bluetooth®ビーコン

「DNPソーラー電池式Bluetooth ビーコン」は、DNPが今年秋に提供開始予定のIoTを活用した位置情報サービス関連の端末。
端末は羽田空港第1ターミナルで日本航空の「国内線保安検査場待ち時間ご案内サービス」のスマートフォンアプリ向けに先行導入されており、今後、流通や小売、空港や鉄道などの屋内施設を持つ企業向けに、端末を販売と関連デバイスやバックエンドシステムの開発を進める。

ビーコンを使ったシステムは、GPSやWi-Fiよりも商業施設や空港、駅構内などの複雑な構造の屋内施設での安定した動作が特長で、スマートフォンなどに向けてのクーポン配信や屋内ナビゲーションなどに活用できる。
一方でビーコンの多くは、電池やAC電源が必要であり、設置後の電池交換や電気工事の作業負荷や費用がかかるといった課題があった。

DNP ビーコン システム

今回開発した端末はデパートの一般陳列棚のJIS照度基準である照度1000ルクスで安定的に100ミリ秒(1秒間に10回)の信号発信ができる。また、200~1000ルクス程度の屋内人工照明の光でも動作し、低照度下での安定性は同タイプのビーコンと比較してトップクラスという。

アプリは「iBeacon」と「Eddystone」という2つのビーコン規格に対応しており、スマートフォンでは「iOS」「Android」の両規格に対応している。また、無線でビーコンの設定変更が可能で、設置後の設定変更作業の負荷を軽減する。

端末は外形寸法が 63(縦)×115(横)×12mm(高さ)、重量約65g。参考価格は1台15,000円(税別、ロットによって見積もりが異なる)。

DNPでは今後、流通・小売や外食、アミューズメント、空港、鉄道、高速道路など、屋内施設をもつ企業に向けて同製品を販売し、ビーコンを活用した位置情報サービスおよび関連業務を含めて3年間で6億円の売上を目指す。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.