印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 記念撮影フォトブース「写Goo!」に新機種 撮影部分を切り離し可能で設置場所選ばず


【2016年6月20日】大日本印刷(DNP)はこのほど、記念撮影フォトブース「写Goo!(シャグー)」の新機種を開発。DNPフォトイメージングジャパンが、2016年夏にサービスを開始する。
写Goo! シャグー1

新型の「写Goo!」は観光地やイベントの画像との合成機能を追加したほか、友達同士のグループ撮影ができる大型の筐体。
撮影機器の部分を切り離して運用できるようにしたことで、狭い場所への設置も可能となった。

従来の「写Goo!」の機能である撮影する人物とフレームの合成だけでなく、さまざまな背景の画像データと人物の合成も可能になり、デザインの幅が大幅に拡大。撮影画像をSNSに投稿する機能もあり、イベントやプロモーションを一層盛り上げる。

ユーザーインターフェース(ソフトウェア)もフルバージョンアップ。タッチパネル式21.5インチワイドモニターの搭載と合わせて、分かりやすくスムーズな操作性を実現した。
また、高精細ライブビュー機能の搭載により、モニター画面上で合成後の仕上がりイメージを確認しながら楽しく撮影できる。

写Goo! シャグー2

カメラも高画質タイプになり、LED定常光のライティングやDNPの画像処理技術により、スタジオ撮影に迫る高画質な仕上がりを実現。人物画像のみ切抜き、背景画像と合成できる高性能クロマキー機能を搭載。さまざまなシーンの写真を撮影可能という。

筐体はBOXタイプとオープンタイプを用意。オープンタイプは、イベント会場など制約の多い設置場所への対応や、撮影室を大きくとることで複数人数のグループ撮影なども可能にしている。

このほか、外装デザインのカスタマイズも容易で、設置場所やコンテンツによってオリジナルデザインで設置できる。

今後、DNPフォトイメージングジャパンは観光地やイベント会場、アミューズメント施設のほか、生活者の趣味・嗜好に合わせたさまざまな場所で写真プリントが楽しめる付加価値の高いサービスを提供し、2018年度に1,000台の設置を目指す。

【システム概要】
筐体サイズ : 1,400×900×2,000mm
撮影部のみのサイズ:500×900×1,960mm
写真サイズ : PCサイズ(4×6インチ/101×152mm)

なお同製品は下記展示会に出品される。
PHOTONEXT2016:6月21日(火)・22日(水)、パシフィコ横浜、PIJブース
コンテンツ東京 制作・配信ソリューション展:6月29日(水)~7月1日(金)、東京ビッグサイト、DNPブース
ライブ&イベント産業展:7月 6日(水)~8日(金)、幕張メッセ、DNPブース


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.