プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー 新ヘッド3モデルを発売 第6世代の強化版 耐久性&システムの適合性を向上


【2022年3月17日】リコーはこのほど、デジタル印刷機などで使用される産業用インクジェットヘッド「RICOH MH5422」「RICOH MH5442」「RICOH MH5422 Type A」の3モデルを発売した。

新製品は、幅広いインク対応力があり、ノズル面の耐擦性の強化により耐久性を強化。また、分離ケーブルと面アライメント品を採用し、システムの適合性を向上した。
これらにより、高画質と高生産性を両立している。

ノズル配置は、1,280ノズル・150npi×4列、標準液滴量7plに加え、着弾精度と吐出滴速度の均一性が向上した。また、高周波駆動時の安定性が高まり、最大50kHzの駆動周波数に対応し、高速でのプリントを実現する。

インクは、UV、水性、溶剤のすべてに対応。特に水性インクは、前身機「RICOH MH 5421/5441」(2017年発売)の2倍以上の長寿命化を実現した。
ノズル面は、高撥水処理技術により、従来ヘッドに比べ撥水膜の強度が向上。繰り返しのワイピングに対する撥水膜の性能低下を軽減し、長時間の使用でも安定した画像品質を提供する。

ピンアライメント対応モデルに加え、高精度を追求した面アライメント対応モデルをラインアップ。ヘッド搭載時・交換時の取り付け精度と並べやすさが向上し、位置調整が楽になった。
また汎用コネクタを採用した分離ケーブル構造により、ヘッド着脱時の取り扱いの自由度が高まるという。

 

製品は、2019年発売のリコー製ヘッド第6世代「RICOH MH5320/5340」の最新技術を継承したラインアップ強化製品。
また、従来の「RICOH MH5420/5440」(2012年発売)や「RICOH MH5421/5441」(2017年発売)ユーザーには、標準液滴量が同等の次世代ヘッドとしてプリンタのアップグレードができる。

 

主な仕様

製品名:RICOH MH5422、RICOH MH5442、RICOH MH5422 Type A
方式:積層ピエゾプッシュモード方式
印刷幅:54.1mm
ノズル数:1,280 千鳥配列(320×4列)
ノズルピッチ:1/150インチ/列(約0.1693mm/列)
対応インク:UVインク、溶剤インク、水性インクなど
外形寸法:幅:約89mm
奥行:約24.51mm
高さ:約66.3mm
重量:228g(45Cケーブルを含む)
最大使用インク色:2色、4色、2色
インクポート:有り、有り、無し

新製品の紹介ページ

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.