プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 溶剤インクに対応したインクジェットプリントヘッドの新商品2機種を発売

【2023年2月9日】エプソンは2023 年度上期、溶剤インクに対応したインクジェットプリントヘッドの新商品 2 機種を発売する。

新製品の「I3200(8)-S1HD」および「S800-S1」は、それぞれ産業用途のインクに対応。従来の水系、UV、エコソルベントに加え、オイル、溶剤系インクなどさまざまな種類のインクに適合し、工業印刷用途など幅広いデジタル印刷に対応する。

「I3200(8)-S1HD」は、最大 8 色のインクを使用することができ、かつ最大 1200dpi の高画質印刷を実現することで、さまざまな場面で高精細な画質表現が可能となる。
「S800-S1」は、1 チップのみを搭載したプリントヘッドで、その小型化した商品サイズにより省スペースが求められる印刷環境での生産性向上に寄与する。

溶解性の高い溶剤に適合していることにより、ディスプレイ、太陽光発電セルなどのさまざまな印刷要求に応えることが可能。
最大 8 色の異なるインクを使用することができ、CMYK という色インクだけではなく異なるタイプ の液体の吐出ができ、工業印刷用途にフレキシブルに対応する。また、1200dpi の高精細な画質を 実現しつつ、マルチパスでの印刷のみならず、シングルパスでの高速印刷にも適している。

「I3200(8)-S1HD」はサイズが69.1W✕59.5D✕36.7Hmm、解像度は300dpi/8色、600dpi/4色、1200dpi/2色、有効印字幅は33.8 mm (1.33inch)。「S800-S1」は、サイズが58.1W✕8.3D✕33.8H mm、600dpi/1色、印字幅は33.8 mm (1.33inch)。いずれも対応インクはUVとオイル、エコソルベント、溶剤となっている。

インク適合性は「I3200(8)-S1HD」と同等の性能を有しつつ、1 チップのみを採用したデザインに より、限られたスペースでの使用が求められる環境や3D 面の基材に近づけた印刷も可能となる。

今回発売する 2 商品により、工業印刷用途を中心に新たな領域にインクジェット印刷技術を実装できる環境を提供する。エプソンは独自の技術開発により、お客様のビジネス拡大に寄与し、インクジェットによるイノベーションをさらに加速させていくとしている。

エプソンは、今回の新商品により、「PrecisionCore プリントヘッド」シリーズのラインアップをさらに強化し、マーキング/コーディング、サイネージ、プリンテッドエレクトロニクスなど、工業印刷用途を含む多様なデジタル印刷環境を提供する。

エプソンのインクジェットプリントヘッドの詳細
www.epson.jp/products/inkjet/head/

PrecisionCore プリントヘッドの詳細
corporate.epson/ja/technology/search-by-products/printer-inkjet/micro-piezo.html

マイクロピエゾ製造技術
corporate.epson/ja/technology/search-by-products/other/precision-core.html

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.