プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

印鑑はんこSHOPハンコズ ハンコの概念が壊れそうな4つの新デザインを追加


【2021年7月30日】インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」はこのほど、図形と文字の美しさが融合したあたらしいコンセプトのデザインはんこ「TYPO(タイポ)」の新作として、ハンコの概念が壊れそうな4つの新デザインを追加した。
運営は岡田商会。

「TYPO(タイポ)」はタイポグラフィ(活字デザイン)の要素をとりいれた、オーダーメイドのはんこ。タイポグラフィのデザインを生かした個性的なハンコを作りたいという思いから生まれたオリジナルのはんこで、専属の女性デザイナーがオーダーごとにデザインを制作する。

新たに登場したのはこちらの4種類。
「RETRO(レトロ)」は、涼しげでありながらどこかレトロな雰囲気を感じさせるデザインで、丸枠と縁起のよい八角枠が選べる。

「ROBOT(ロボット)」は、未来の漢字をイメージした、まるくかわいいロボットのようなデザイン。

「DICE(ダイス)」は、サイコロのような三面立体に文字を配置したユニークなデザイン。

「DROP(ドロップ)」文字の上にポトリと水滴(しずく)が落ちた状態をイメージしている。

はんこはシャチハタタイプの「スラットG」、はんこにボールペンがついたタイプの「スタンペンG」のほか、朱肉をつけて使う印鑑タイプは、柘植(つげ)、黒水牛、チタン、輪島塗、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、なつめ、琥珀樹脂の8種類から素材を選べる。

商品は、印鑑タイプのTYPOは、認め印としてはもちろん全国ほとんどの金融機関で銀行印としての登録も可能。あらたに登場した「DROP(ドロップ)」以外は印面にイラストが入っておらず、意匠化された名前のみで印面が構成されているため、役所によっては実印として登録できる。

ユニークで個性的なものや、他の人とは違うものをお探しの方にぴったりなTYPOは、漢字はもちろん、ひらがな・カタカナ・アルファベットのお名前にも対応。画数の少ないシンプルな名前でも、専属のデザイナーがタイポグラフィの要素をとりいれたユニークなデザインにして制作する。

TYPO
https://typo.shop-pro.jp/

義務を遊びにするはんこ「ずかんシリーズ」
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/zukan/dobutsu/

岡田商会
http://okada-shokai.co.jp/

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.