プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー 新サービス「仕事のAI」の提供を開始 問い合わせ情報を分析・重要度順表示


【2021年6月17日】リコーはこのほど、新サービス「仕事のAI」の提供を開始する。
「仕事のAI」は、顧客企業から許諾を得て預かった顧客固有の情報資産(文書や映像、画像、音声などの各種データ)を自然言語処理AI(人工知能)で分析し、業務の効率化や新たな価値の創造を支援するもの。

第1弾として7月中旬、食品業界の大手・中堅企業向けに「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を発売する
サービスでは、コールセンターやヘルプデスクに集まる問い合わせ情報(VOC:Voice of Customer)を自然言語処理AIで分析し、重要度順に表示できる。このため、迅速な顧客対応や品質改善によるリスク低減などに貢献できるという。

「仕事のAI」は、国内販売会社のリコージャパンがニューノーマル(新常態)環境下での業務効率化や生産性向上を実現するソリューション商品群として提供する「RICOH Digital Processing Service」のラインアップ。

リコーの山下良則社長は、「リコーの三愛精神『人を愛し、国を愛し、勤めを愛す』は、国連のSDGsの精神に通じる。今回の新しい事業はこの考えを形にし、新たな働く価値を創造するもの」と話す。

同社では今後、さまざまな業種業務に対応したサービスを追加するとともに、大手・中堅企業だけではなく中小企業までの幅広いお客様向けにラインアップを拡充していくことで、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.