プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

丸信「冷凍食品のシール」相談に乗ります 「貼りつかない&剥がれる」を解決


【2021年3月16日】福岡県久留米市のラベル印刷会社である丸信は3月15日、低温環境でも耐える粘着剤を採用した「冷凍食品シール」の取り扱いを開始した。
この「冷凍食品シール」は、冷食でありがちな「貼りつかない」「剥がれる」という課題を解決するもの。


コロナ禍による中食需要の増加やSDGsのフードロス削減の流れを受け、「冷凍」される食品が増加。それに伴い同社には、冷凍食品のラベルやシールが「輸送中にすぐ剥がれてしまう」「そもそも貼りつかない」といった悩みの声が寄せられていた。

冷凍食品の場合、貼り付け対象の材質や形状だけでなく、低温環境下で粘着剤の適正を確認しなければならないなど、さまざまな条件がある。
当社ではシール作りのプロならではの豊富な知識と経験を活かし、オリジナルの冷凍用シールの作成を支援するという。

また、冷凍食品用シールの専用ページでは、「剥がれにくいシールを作るための注意点」「冷凍用シールの制作事例」「当社に寄せられるよくあるお問い合わせ」などを紹介している。

同社では「冷凍用シールでお困りの方は、当サイトを参考にしていただき、顧客からのクレームゼロにつなげていただければ」としている。

冷凍食品用シール(冷凍用シール)
https://label-seal-print.com/example/seal-for-frozen/#Q-4

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.