プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 「ブルーシフト改善フィルム」を開発 有機ELパネルの青みを改善


【2020年11月16日】大日本印刷(DNP)はこのほど、「ブルーシフト改善フィルム」を開発した。

この「ブルーシフト改善フィルム」は、スマートフォンやタブレット端末、パソコン等の有機ELディスプレイを斜めから見た際に、画面に青みが出る「ブルーシフト」を改善するもの。
このフィルムをディスプレイに内蔵することによって、どの角度から画面を見ても青みを抑えられる。

これは近年、採用が拡がっている有機ELパネル向けの製品。DNPが、長年培ってきた微細賦型技術を活かしたもので、有機ELパネルの構造を高度に調整する必要がなく、低コストでパネルの視認性を改善可能。今後、折りたたみが可能な有機ELパネルの使用が拡がることが予想され、斜めから見るケースで出る青みを解決する。

DNPは、「ブルーシフト改善フィルム」を主にパネルメーカー等に提供し、2023年度で年間30億円の売上を目指す。

なお、12月2日(水)~4日(金)に幕張メッセで開催される「高機能フィルム展」のDNPブースで当製品を展示される。

 

大日本印刷「ブルーシフト改善フィルム」


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.