プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 移動の困りごと抱える人といサポーターをつなぐアプリの提供を開始 助け合いできる社会に


【2019年7月26日】大日本印刷(DNP)は7月25日、移動の困りごとを抱える人と、サポーターをつなげる「DNPソーシャルアクションサービス May ii(メイアイ)」のスマートフォン用アプリの提供を開始した。

このアプリは、東京都の市ヶ谷周辺エリア、2019年2月に実証実験を行った福岡県福岡市内、北海道札幌市内を皮切りに、利用できるエリアを順次拡大。誰もが移動に困った人を自然にサポートできる社会の実現を支援する。

「DNPソーシャルアクションサービス May ii」は、GPSにより広範囲のエリアで利用者のマッチングが可能。移動に困りごとを抱える人と手助けしたいサポーターをGPSで結びつけられる。
アプリは訪日外国人も利用できるよう、日本語のほか、英語、韓国語に対応しています。
インタフェースは、アプリ上の地図に、「移動に困り、手助けを求める人(リクエスター)」と「手助けしたいサポーター」の所在地が表示され、互いの移動状況がわかる。
また、サポーターがアクションを活発にする「カラーカード」を実装。サポート回数などに応じてポイントが付与される。
アプリは無料。

DNPでは“心のバリアフリー”の実現に向けて、すべての人にとって使いやすい製品・サービスを提供するユニバーサルデザインや、多様な身体機能等を持つ人に製品・サービスの設計段階から関与してもらうインクルーシブデザインなどを推進している。
こうした取り組みを通じて培った知見を活かし、2017年から、移動に困りごとを抱える人や電車内で席をゆずってもらいたい人と、そうした人を手助けしたいサポーターを、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用して結びつける実証実験を、企業や自治体と連携して推進してきた。

今回、これまでの実証実験で得た多様なニーズを踏まえ、よりスムーズな両者のコミュニケーションを実現させるDNP独自のアプリを開発し、サービスの提供を開始する。

「DNPソーシャルアクションサービス May ii」の利用方法は以下から
https://mayii.jp

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.