プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

365個の見えないコードを埋め込んだカレンダー「ふりかえるんだー」を受注開始 アポロジャパン


【2018年12月26日】アポロジャパンは2019年1月10日(木)から、スマホとリンクできるカレンダー「ふりかえるんだー」受注開始する。
カレンダー ふりかえるんだー

同社はIoT分野に力をいれており、 目に見えないコードを印刷物に埋め込む特許技術「スクリーンコード」や、画像とコードを紐付けし、情報とつなぐ「Image To Code (ITC) 」を開発・事業化している。これまでも、コードを読み取り音声を発するペン「Speakun(スピークン)」などを開発し、実用化している。

「ふりかえるんだー」はカレンダーに365個の不可視コードを埋め込んだもので、専用のアプリScLinkをダウンロードすることで、カレンダーのコードに埋め込まれた写真や動画、さまざまな情報など受け取れる。

365日の日付にすべて違うコードが配してあり、自分自身のスマホのデータと簡単にリンクをさせられる。

用途は、子育て記録やペットの記録、メニューの記録と言った思い出とのリンクのほか、備忘録としても活用可能。画僧や映像のほか音声で予定を入れられる。

アポロジャパン
http://www.apollo-japan.ne.jp

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.