プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 クローズドキャンペーン用のシステム「シリアルLITE」を発売 少量品や小規模店舗も実施可能に


【2018年2月6日】凸版印刷は2月から、クローズドキャンペーン用のシステム共有型サービス「シリアルLITE(シリアルライト)」を開発し、販売を開始する。

「シリアルLITE」は、シリアルナンバーを活用したクローズドWebキャンペーンサービスで、同社のWebキャンペーンシステム「Cam!Labo(キャンラボ)」を、多様化するニーズに合わせ改良したもの。
従来の「Cam!Labo」に比べ低価格で、短納期のサービスで、出荷数の少ないブランドや実施対象店舗の少ない流通などでの導入に適している。

シリアルナンバーを使用するクローズドWebキャンペーンは、キャンペーン対象商品の購買証明として消費者にシリアルナンバーを配布。このシリアルナンバーをキャンペーンサイトで入力してもらうことで抽選応募を受け付ける仕組み。

「シリアルLITE」では、クラウドサーバ上のシステム共有環境ですぐ利用可能。構築済の応募フローが利用でき、応募入力項目は選択できる。
また、シリアルナンバー発行数の上限は500万件で、小規模から比較的規模の大きいキャンペーンにも対応する。
キャンペーンはその場で当たりがわかる「即時抽選型(インスタントウィン)」で当選確率設定にも対応する。
このほか、当選賞品に配送不要のギフトコードなどデジタルインセンティブ機能や、2次元コードを読み取るだけで、キャンペーンサイト上のシリアルナンバー入力が完了する「ユニークQR」にも対応する。

基本価格は150万円~で、従来システムの400万円~大幅にあんかにしている。
また、準備期間も最短3週間と、従来システムの平均2カ月から短縮している。

凸版印刷では、飲料や酒類、食品、化粧品、トイレタリー、日用雑貨、流通などの業界、大規模商業施設など向けに、2018年度中に、約1億円の売上を目指す。

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.