プリント&プロモーション――印刷ニュース NO.1サイト――

共同印刷 LIXILの棚卸管理システム「フルスキャンコード」で「第19回 自動認識システム大賞」入賞


【2017年9月14日】共同印刷のオリジナル2次元コード「FullScanCode(フルスキャンコード)」が、サトーが構築を手がける、LIXILの日本国内工場の棚卸管理システムにモデル採用。この取り組みが、日本自動認識システム協会が主催する「第19回 自動認識システム大賞」で入賞した(サトー、共同印刷の共同受賞)。

共同印刷 フルスキャンコード サトー

「フルスキャンコード」は、複数一括読み取り機能を持つ2次元コード。
複数のコードを一括で素早く読み取れる上、デバイスを動かしながらでも認識できる。
また、不揃いなコードでも読み取れ、周囲の明るさに影響されることがなく、コードの汚れや画像のボケ・ブレに強い。
これらのことが評価され、LIXILの日本国内工場の棚卸管理システムにモデル採用されている。

自動認識2016 

LIXILは従来、棚卸管理業務にバーコードを用い、読み取ったデータを事務所でデータベースと照合して員数を管理していた。
フルスキャンコードの導入で読み取りは「コードにデバイスをかざすだけ」となり、員数確認もデバイス上で行えるようになった。これにより、棚卸工数はトータルで80%削減され、大幅な省力化が実現した。

フルスキャンコードの詳細は以下から
http://www.kyodoprinting.co.jp/products/it-communication/system/fullscancode.html

 

【関連記事】
自動認識総合展レポート1 まとめて精算・棚卸でストレスフリー!「村田製作所」「ブレイン」「共同印刷」

 


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.