印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

大日本印刷 「TouchCode(タッチコード)」を発売 「少年ハリウッド×HMM セレクトショップ」のくじカードで採用


【2016年12月16日】大日本印刷(DNP)はこのほど、「TouchCode(タッチコード)」の販売を開始。小説やアニメで人気の「少年ハリウッド×HMM(ハイブリッド マインド マーケット) セレクトショップ」で採用された。

大日本印刷 TouchCode

「TouchCode」は米国T+ink社グループのT-Touch社が開発した技術で、印刷物の見た目に影響することがない不可視の印刷技術。スマートフォンやタブレット端末などをかざすと、ディスプレーに搭載されている静電容量方式のタッチパネルが、印刷とともに盛り込まれている電子コード(IDコード)を読み取り、関連コンテンツをスマホに表示する。
今回の発売にあたり、「TouchCode」の応答速度などを向上した。

大日本印刷 TouchCode

「少年ハリウッド×HMMセレクトショップ」は、12月18日(日)~25日(日)までの期間限定で、ラフォーレ原宿の地下1階のHMM店舗内にオープンする。
「TouchCode」は「くじカード」として採用され、くじカードを店頭に設置されたタブレット端末にかざすと当選賞品が表示され、その場で受け取れる。また、ユーザーのスマートフォンやタブレット端末から特設サイトにアクセスし、「くじカード」をかざすと、登場キャラクターの限定画像がダウンロードされる。

DNPはこのほか、くじの賞品として、DNP高精彩出力技術「プリモアート」で制作した複製原画を提供するなど、今回のサービスの運用をトータルに支援する。

DNPは出版社のほか、自動車や飲料のメーカーなどにTouchCodeを活用した販促支援サービスを提供し、関連する製品・サービスを含め、2020年度に5億円の売上を目指す。

ラフォーレ原宿HMMウェブサイト
http://hmm.tokyo/laforet/shonen_hollywood/



Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.