プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

矢野経済研究所 「2019年度プリンタの世界市場」を発表 出荷数・売上高は? 好調分野は?


【2020年8月28日】矢野経済研究所はこのほど、2019年度のプリンタ世界市場を調査し、各出力機器の出荷台数や出荷金額、利用動向、将来展望などを発表した。

 

市場概況

これによると、2019年度のプリンタ(出力機器)の世界出荷台数は前年度比93.6%の6,896万4,000台。また出荷金額は同95.4%の2兆2,632億4,100万円だった(いずれもメーカー出荷ベース)。

全体的な動向としては、新製品リリースの狭間となり製品更新の一巡感や、ペーパーレス化・出力環境の変化によるプリント需要の減退で、既存の減少トレンドがある。
さらには、第4四半期(2020年1~3月)に新型コロナウイルスの影響による経済活動の停滞があったことで、設備投資が後ろ倒しになるなど、出荷台数・出荷金額ともに減少する形となった。

 

好調なテキスタイル専用プリンタ

テキスタイル専用プリンタとは、ポリエステルや綿など布地、織物に直接印刷し、アパレル製品を製作できるインクジェットプリンタ。
ダイレクト捺染プリンタ、ガーメント(Tシャツやバック等)プリンタ、昇華転写プリンタ専用機を対象としており、インクジェット方式LFP(Large Format Printer)の内数となっている。

2019年度のテキスタイル専用プリンタの世界出荷台数は前年度比111.3%の1万3,131台、同出荷金額は同103.2%の230億2,100万円(いずれもメーカー出荷ベース)となった。
出荷好調の要因としては、2018年度までの新製品リリースの狭間の時期による停滞感の反動や、低価格帯のガーメントプリンタの伸長などが挙げられる。
テキスタイル専用プリンタは今後も期待できる需要先が多く考えられるため、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込むものの、その後は再び好調に推移するとみられる。

 

将来展望

2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、第1四半期(2020年4~6月)は営業活動が軒並み停滞し、製品供給体制の乱れや製品の納入遅延などもあり、軟調な出だしとなった。
また、第2四半期以降も景気の減速感による設備投資の抑制と後ろ倒しが生じており、例年通りの出荷台数まで回復しないと推察。在宅学習や在宅勤務の実施によるホームプリント需要の拡大で、インクジェットプリンタ/MFPやレーザプリンタの出荷台数が他製品カテゴリと比較して伸長するものの、全体の減少分を補うほどにはならない見通し。

矢野経済研究所では、これらから2020年度のプリンタ(出力機器)の世界出荷台数を、前年度比90.2%の6,222万台、同出荷金額は同85.6%の1兆9,371億6,300万円(いずれもメーカー出荷ベース)になると予測している。

 

調査要綱

調査期間: 2020年4月~7月
調査対象: プリンタメーカー・販売店/パートナー・各種部材メーカー
調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、および電話やe-mailによるヒアリング併用
発刊日:7月30日

矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.